タグ別アーカイブ: ドライエイジング

日本短角牛 ドライエイジング

40日ドライエイジングのホルスと十勝まぼろし短角牛ステーキ。


前回同様、冷凍で届いてますので、こちらを解凍しました。

左が青森産のホルス。右が十勝まぼろし短角牛です。

もも肉40日ドライエイジングをGET。

ドライエイジング40日

と、生肉の香りが凄く良い。熟成香りと言うより、爽やかなナッツ系。前回のアンガスとは全然違いますね。前回の米産アンガスドライエイジング記事

では、焼いてみました。焼き方も前回と同じ感じでしたが、脂身が少ないので、フライパンに軽くオリーブオイルを。そんで、HIのメモリマックスでは無く、5前後でスタートです。

で、焼き上がったら、休ませて完成。

ジャーーーーン。

完成。では、試食を。

結果、前回のアンガスが方が旨いねーーーと妻と。。。。

部位も違うしねーー。奥が深いよねーーと話。

 

十勝まぼろし短角牛

噛むと、溢れ出す旨みってのは十分感じられました。くどく無いので、ずっと食べてたいと感じさせられます。

で、俺の口にはホルスの方が美味しく感じましたね。

やはり、両方とも香りの違いが楽しかった。

 

で、このモモ肉はそのままステーキも良いですが、ちょっと加工、調理すると更に旨みを引き出せる感じです。

と、今回は自家製味噌。親戚からもらった、国産大豆で作った味噌の載せてみたら、凄く相性が良かった。旨みの相乗効果なんだろーなーって。akausi akausi2

ドライエージングビーフ

ドライエイジングで21日熟成 。のうまみとは?米産アンガスLボーンステーキ


まずは、こちら。ドライエイジングで21日熟成 。
米産アンガスLボーンステーキribこちらをGETしたので試食。

静岡のさの萬さんより、冷凍にて届きましたので、この手順で解凍して、解凍方法はここ

で、生肉の香りはと、あーーー熟成してるなーーって感じ。Lボーンステーキ 解凍

 

常温に戻します。シャンブレ30分位。

そんで、HIコンロですので、最初両面をマックスで焼いて、次にHI5から6位で。何度かひっくり返して、肉に4層の焼き色が付く感じです。

最後の方で軽く塩を。塩のオイルをまとわせるイメージです。ang-b11ドライエージングビーフ

と、こんな感じです。

旨みたっぷり!で柔らかいなーー。旨いぜ。熟成による旨みだなー。余分な水分は抜けてます。ドライエージングだからね。香りも軽くナッツっぽいかな?!って位。冷凍解凍だから香りが半減した感もありますね。

特製焼肉のたれをつけて食べたんですが、やっぱり、塩で食べた方良い感じです。と意外と、薄口醤油のわさび醤油も合う感じ。まー塩ですね 笑 ang0b3もちろん、赤身肉ですので、霜降り和牛の様な飽きはこなく、結構な量を食べれます。ちなみこれ、500g位を2人で。丁度良い量でした。

やっぱり、赤ワインが飲みたくなる感じの肉。感動する程ではないが、旨い。またドコかで食べようって感じ。和牛と比べると、俺はこっちの赤身肉の方が好きだなー。旨みではダントツな感じです。

軽い酸味があるので、和食、本みりんとか、相性も良さそうです。