タグ別アーカイブ: レシピ

仔羊のロースト

仔羊のロースト| レシピ|仔羊


どーーーんっと。豪快な料理。シンプルな味付けで、素材の美味しさが伝わります。週末に子供達と一緒に作ったり、ダッチオーブンがあればキャンプでも最高に活躍します。そんな男性的な料理。

仔羊のロースト。レシピは超がつく程に簡単です。

フレンチラムラックの表面にサイコロ状の切れ目を入れます。

この切れ目を入れると、焼き上がりがカリカリでいいです。

そして、夏野菜たち。

この時期は頂き物が多くて助かってます。近所の頂き物を活用します。

「野菜って甘いんだなー」と感激。

仔羊

仔羊のローストのレシピ 

材料4-5人

フレンチラムラック
野菜(じゃがいも、なす、ニンニク、獅子唐、玉ねぎ)あるもので良いです。

調味料
ローズマリー

ブラックペッパー
オリーブオイル

 

作り方
仔羊。切れ目を入れて、美味しい塩とブラックペッパーをまぶして、常温で2時間おきます。

夏野菜たち。

新ジャガ。いろいろなサイズのじゃがいもを頂いたので、その中でも一番小さいサイズを丸のまま使います。ちょっと大きいものは半分に。

玉ねぎ。櫛形に。

なす。半分に。

にんにく。皮付き。そのまま。

獅子唐。そのまま。

全部の素材を天板に載せます。野菜達にも塩胡椒を。と、野菜にオリーブオイルを少しかけました。

あとは、180度のオーブンで60分。肉に火が入ったかを確認。肉に弾力が出たらOK。分からなかったら、肉をカットして確認してください。

その後、取り出し、10分くらい休ませます。

あとは、切り分けて完成です。仔羊のロースト

フレンチラムラック  →ここから購入できます。

今回参考にしたレシピ本はこちら↓

フランス最高と言われる肉職人の本です。

フランス語の読めないですが、見てるだけで楽しいーー

ホットサンド

これはヒット!味付き豚肉をホットサンドに。ホットサンドレシピ


作る事に集中したり、新鮮な空気をいっぱいに吸い込んだり、日常とはちょっと違った場所で食べたり、リラックスできた休日。

ホットサンド癒されました!

先日の BBQで残った味付き豚肉を使ってホットサンド作りをスタート。

それでは、材料です。

味付き豚肉(通称お徳用)
玉葱,
チーズ
食パン 4枚
焼くのは、これ、スノーピークホットサンドクッカー 三条って事とか、スノーピーク商品って愛着がもてるんですよねーーいいわーーって事で、焼き始めます。

IMG_1065

野菜炒め的に、味付け豚肉と玉葱を炒めます。  IMG_1067

で、炒まったら、パンの上にのせて、チーズも乗せて、また、パンで閉じます。

千切りキャベツとか入れたかったです 笑

ホットサンドチーズイン IMG_1072

そしたら、ぎゅーーーーっと!

たい焼きみたいに、ホットサンドメーカーをひっくり返しながら、焼きます。

スノーピーク ホットサンド

いい具合に両面焼けたら完成。パンがカリッと、チーズとろーり。ホットサンド

 

IMG_1084

この後、停電になる位の雷雨でした。それもまた気持ちの良いものですね。

 

 

イワシ 三枚おろし

アンチョビを地物のカタクチイワシで。


魚屋さんから

「カタクチイワシ入ったよー!」

って電話をもらい、

「そんじゃー宜しくお願いします!」

って事で届いたカタクチイワシ。4kで1ケース。

どーーーーーーん。カタクチイワシ

前々からアンチョビが作りたくて、レシピとか見てました。

しかし、4キロとは。結構大量 笑

気合入れて頑張るぞーーー

 

では、包丁は使わず、手開きで開いていきます。

頭取って、内臓と背骨を取れば完了。

あとは、流水で洗って、水気をとり、塩漬け。

イワシ 三枚おろし1ヶ月前後冷蔵庫で塩蔵。発酵、熟成をしてもらいます。その時に出るエキスがナンプラーですね。

塩抜きをして、オリーブオイルに漬けます。

それでは、後日、完成したらまたアップします!



 

ローストポーク

いい香りは感動に値する。ハーブたっぷりのローストポーク。


天気も良くて、ようやく雪も溶け始めてきました。

春っぽい朝の光も気持ちいいーーなーーーと空をみると、

白鳥がシベリアに帰る準備をしているのか、沢山の白鳥がV字編隊飛行で横切って行ってます。鳴き声が聞こえ、羽ばたいてる音まで聞こえると、自然を感じ、なんだか幸せになれる。

店の前に植えていたローズマリーも顔を出してくれたんです!

いい香りは感動に値する。

久しぶりに食べたくなってきた、ローストポーク。

ハーブたっぷり刷り込んで食べたい。

まずはローズマリーを収穫。触った手の香りも好きになれますね。romaran

使う肉の部位は肩ロースを。程良い赤身とコクが良いと思ってます。

今回はたっぷりハーブをすり込みます。
なんかそんな気分wローストポーク  ropoky一晩寝かせて、明日の夕飯のおつまみにしよーーっと。

材料
肩ロース1 kg
塩(美味しい物)
ローズマリー4本
にんにく2片
タイムたっぷり
ブラックペッパー

こんな感じ。

あとは寝かせます。休ませる、とか、寝かせる、とか、いいですよね。

今回使用の肩ロースは地元産です。半丸吊るし7日間ぐらいのを使用しました。

今ちょうど良いと思います。

 

塩とレモンの

塩レモン。作って常備したいです。


 

巷で話題ですので塩レモンを作りました。焼肉とかホルモンとかに相性が良いのです。簡単過ぎてレシピって程でも無いですが、アップ。レモン

材料は
レモン2個ぐらい(無農薬&ワックス不使用)
天然塩45g(今回はミネラル工房の白いダイヤを使用ここから購入←クリック)
清潔な保存瓶 塩とレモンの

レモンを輪切りと櫛形にカット。

塩とレモンを交互に入れて、1週間ぐらいで完成します。塩レモン

刻み葱と合わせて、焼肉に掛けたりと使い方たくさんですね。

完成まで少し時間がかかりますが、愛着がわくし、寝かせる作業とか楽しい。

それで、次回は塩レモンに似たグラニュー糖とレモンで作る、
レモンの塩味コンフィを作りますよ。

牡蠣とほうれん草のキッシュ。熱々が美味しいです。


お正月休み。毎年の事ですが、お家で食べ過ぎてました。

恒例の同級会的な飲み会以外は特に予定なしでしたので、お料理スタート。今回は、おつまみ。熱々キッシュを作りました。

子供達もお手伝い。炒めを担当してもらいました 笑
それでは具材を

具材
牡蠣8個
ほうれん一束
ベーコン3枚(自家製,燻製の香りがアクセントになります。)
バターと塩コショウで炒めてます。軽く白ワインを入れ、8割火が通ったらOK!後はオーブンの熱で火を通します。

具材は以上。

アパレイユ
全卵1個と半分
黄味1個分
生クリーム190g
塩コショウ(ナツメグとか入れてもOK)
アパレイユは全部混ぜ合わせ、一度漉します。これでOK.

キッシュ 牡蠣とベーコンほうれん草

パイ生地は冷凍の市販を使用しました。
便利で良いですねーーパイ生地を解凍後、小麦粉をふりふり。3mm位の厚さに伸ばして、パイ型に。
型に入れたら1時間位冷蔵庫で休ませ、焼きます。焼くと生地が膨らむので、生地の上にアルミホイルを敷いて、パイ生地用ストーンを。無かったら米で重石をします。
160度のオーブンで30分位。重石を外して180度で15分前後。カリカリさくさくに仕上げます。

生地が焼きあがったら、いよいよアパレイユを半分位入れ、パルメザンチーズをふりかけます。そしたら、炒めた具材を投入。残りのアパレイユを入れ、またパルメザン。そしたら180度のオーブンで30分位 。

で、完成。いつもは、冷製で食べることが多いキッシュ。熱々で召し上がりください。生地がサクサク、中はチーズがとろ〜りで。

また作ろうっと。ki-s2

 

余ったパイ生地をは棒状にして、パルメザンチーズをかけ、トースターで5分ぐらいチン。簡単に出来る、グリッシーニでした。

青首 野鴨

ジビエ(鴨)のまとめです。野カモちゃん。


今までブログで紹介した野鴨さんをまとめました。

ほとんどが、新潟で捕れたカモちゃんです、無双網ですよーー

青首 野鴨

http://niquya.com/shunlog/archives/968

http://niquya.com/shunlog/archives/959

http://niquya.com/shunlog/archives/385

http://niquya.com/shunlog/archives/360

http://niquya.com/shunlog/archives/378

http://niquya.com/shunlog/archives/230

国産ジビエも面白いですよねーー

塩漬け豚肉。生ハムとかサラミ入ってる食品添加物 硝酸塩とかのまとめ シャルキュトリーレシピ


市販のハムとかソーセージって結構添加物入ってますよね??工業製品なんで仕方ないっちゃ仕方ないんですが、どうも、○○Na、○○着色とかが沢山書いてある食べ物はどーも食べたくない心理が働いてるんです。最近は。

その中で、自家製の生ハムとかサラミを作るにあたって、色々と調べると、アレを入れなさい!ってレシピに書いてあるんですよ。
そのアレって食品添加物の[硝酸塩]シャルキュトリー豚肉加工には結構出て来ますね。

この種類の記事って結構多くて、硝酸塩、亜硝酸塩は色よく見せるのと、食中毒の「ボツリヌス菌」を繁殖を抑えるための殺菌作用!って感じで書いてるんですね。中には、発がん性がある!なんってのも。
大体がそんな感じの記事が多い!まーこれだけ、色々な記事が言ってるんだからそーかもね!って思うけど、納得いかず、本当かよーって。
wikiで硝酸塩とか調べても、俺の力では理解出来ない!

つーことで、背景が知りたいと思い調べてみました!

ハムやベーコンの硝酸塩まとめ

ご存知、ハムやソーセージは肉を貯蔵して何ヶ月も保存出来る様に塩漬けにして食べる伝統的な食べ物です。紀元前50年にはレシピがあったようです。
で、塩漬けにする事で、肉と細菌から水分を奪って、細菌やカビの繁殖を抑え貯蔵する技術です。水分を奪うって事では乾燥も同じ意味があります。

そんで、大昔、塩漬けに使った塩は、
岩塩や海水塩、植物性の灰塩(塩生植物)
こんな感じでした。塩の成分の一つ、硝酸カリウムが中世期に発見。
16世紀から17世紀には、岩の上にある塩みたいな結晶「ソルトピーター」が肉の色、風味、保存期間を良くしてくれるゾーって広まった。
1900年ごろ、微量の耐塩性細菌によって硝酸が亜硝酸に変換されて、亜硝酸の活性(化学反応)が肉にはいいゾー ってドイツの化学者が発見したもよう。そんで、ソルトピーターを使わなくなって、亜硝酸塩を使うようになったって事です。
亜硝酸塩の役割は結構重要のようで、酸化防止、ボツリヌス菌など細菌の繁殖を抑える、って事でやっぱり使うみたい 笑

で、発がん性に関しては、ニトロソアミンが原因だ!みたな見方があるようだけど、確証は無いらしい。でも、食品衛生法では使用量は制限がありますよ!って感じです。

マギー キッチンサイエンス -食材から食卓まで-

資料の本でした。↑ちょっと要約

で、亜硝酸塩を使わないハムもあります
パルマハム(イタリア)
亜硝酸塩は脂肪酸化を防ぐみたいで、入れない事で、パルマハムの様に美味しく果実の香りが出るみたいです。いい感じで熟成するんだね多分。

で、亜硝酸塩を入れる事でピリリとしたシャープな味になる様です。

で、ボツリヌス菌は別名ソーセージ菌と呼ばれてるみたいで、ラテン語でソーセージを「botulus」って呼ぶみたいです。

んーースッキリ!調べてよかったw

凍み大根11

凍み大根って知ってますか??Mottainai Daikonクックパッドではレシピ6品だけでした。


凍み大根って知ってますか??クックパッドではレシピ6品だけでした。

字の如くですかね。大根の保存食です。

そろそろヤバいから凍み大根にするか!的な感じで作るかたも多いみたいです。
mottainai精神です。もちろん、「凍み大根」用に作る方も。いったん湯通しをしてカランカランになるまで氷点下で干すようです。さむ〜い時期にしかできません。

でも、保存しない場合、すぐに煮物に使う時は、ぎゅーっと縮まればOK!そしたら、そのまま使います。

凍み大根 凍み大根11レシピ的には、煮しめ。高野豆腐的な感じで使えます。

更に大根が残ると、切り干し大根に使うようですね。

 

最近人気で、の売れ筋です。豚ロースのステーキ(トンテキ)焼きましたwレシピです。


空腹時の閲覧にはご注意ください 笑

最近人気で、沢山のご注文を頂いてる豚ロースの厚切り。焼きました。トンテキのレシピです。

今回のロースは18日間熟成させたもの。

焼く際は、肉を常温に戻してくださいね。

味付けは、塩こしょう、特製焼肉のたれダケです。